■ メニュー
■ 幼稚園概要

Top > 園長挨拶


コドモの園幼稚園 園長挨拶

 
 子ども達が「良く育つ」このことを日々、心から願っています。
「良く育つ」とはその子らしさを十分に発揮して、友だちと生き生きと遊
ぶことの出来る子どもを思い浮かべます。それには、その子どもの情緒が
十分に安定している、言葉を換えますと、心の深い部分で「安心感」を抱
いている状態だと思います。
 
 その「安心感」は、どこから来るのでしょうか。それは、家庭や幼稚園
を含め、多くの方々から「愛された」という想い、ただそれだけだと思い
ます。しかし、その愛は、「言うことをよく聞くから・・・」等々、の条
件付きのものではなく、その子どもの「あるがまま」を、「存在そのもの
」を喜ぶ「無条件の愛」であると思います。
 
 毎日、幼稚園では園庭の砂場が大人気です。そこで子どもたちは、山や
川や海を作ったり、ケーキやおだんご等、色々なものが作り出されていま
す。それに取り組む子どもたちは、実に生き生きとしており、心から幸せ
な時を過ごしています。幼稚園では、「遊び」は「コミュニケーション能
力」を育む重要な場面と考えています。年少・年中・年長という異年齢の
関係。また、同じ組の子ども達との関係。遊びを通じて経験する様々な事
象から対人関係を学んでいくのだと思います。時には、小さなトラブルも
発生します。そんな場合は、教諭が的確なサポートを行い、子ども達の健
やかな発達に寄与出来るように心掛けています。
 
 上記のように「良く育つ:無条件の愛」と「遊び」を通じての健全なコ
ミュニケーション能力を育てることを使命と考えています。人生の基礎を
築く大切な幼児期。その大切な時期を家庭と一緒になって子ども達の幸せ
な成長を日々、サポートしております。
 
コドモの園幼稚園 園長 長谷川 達郎

 

Copyright(C)2010 kodomonosono-kindergarten.com All Right Reserved